Susann Bosslau Lab

SUSANN BOSSLAU LAB
Am Carlsgarten 12a
10 318 Berlin
s.bosslau@gmail.com

Susann Bosslau is the designer behind the label Schmiede Bosslau founded in 2019. Her family history of blacksmithing dates back to 1836 when her great-great grandfather first founded Schmiede Bosslau. As the first woman in her family to work in the field, she unifies traditional handcraft with unconventional techniques and striking shapes.

Influenced by Japanese culture, science fiction and astrophysics the designer utilizes the act of destruction in order to create elegant, yet powerful and transcending treasures.


ジュエリーデザイナーSusann Bosslau(スーザン・ボスラウ)は、ベルリンの鍛冶屋の家系に生まれ育ちました。それは、彼女の曾祖父がSchmiede Bosslau(シュミーデ・ボスラウ=鍛冶職人ボスラウ)を設立した1836年に遡ります。長い伝統を味方につけ、大昔から男性の職人に限られていたこの分野で、型破りな技術と印象的なデザインを特徴として、2019年にSusann Bosslau Lab(スーザン・ボスラウ・ラブ)を設立しました。サイエンスフィクション、天体物理学、日本のカルチャーなど、多方面の影響を受けた感性豊かな彼女のコレクションは、力強く奔放でありながら同時にエレガント。そのダイナミックな持ち味は、現代をはつらつと生きる女性たちはもちろん、多様なお客様をターゲットに、時代を超えて愛され続けるジュエリーとなるものです。